消費者金融からお金を借りなければならない人の多くは生活に余裕のない人でしょう。ですから、返済をしたくてもできないこともあると思います。月々の返済が苦しくて、返済をしてもなかなか元本が減らないこともあると思いますが、ボーナスをもらったときには思い切って返済してしまうと、その後は楽になります。
返済しても元本があまり減っていかない理由は利息です。利息が膨らんでいるために、返済をしてもその効果は小さくなってしまうのです。利息を抑えるためには元本を減らすしかありません。そのためには、一度まとめて返済してしまうと良いのです。そうすることで、その後には利息の増えるスピードが減りますから、生活にも余裕がでてくるでしょう。
ボーナスをもらったときには、何かに使いたいと考える人も多いと思いますが、一度我慢して返済をすると、その後の返済がかなり楽になりますから、ぜひ利用してみてください。また、消費者金融によっては、最初からボーナス返済の制度がある場合もありますから、最初から設定しておくと便利です。

おまとめローンの返済計画は、とにかく慎重に立てることが必要です。というのも、おまとめローンは最終手段だからです。おまとめローンを利用するという事は、いくつかの金融機関からの借入があって、そして返済が少し苦しくなってきたときでしょう。おまとめローンを利用して、少しでも楽に返済をしたいと考える人は多いようです。このときには、無理な返済計画を立ててはいけません。もしも返済できなくなったときには遅延利息が請求されますから、却って高い金利借りてしまうことになるのです。
できるだけ早く返済をしたいと考える人も多いと思いますが、そのために月々の返済金額を高めに設定してしまう人も多いようです。月々の返済金額を高く設定すると、当然のことながら返済は苦しくなってきます。この点について把握しておく必要があるでしょう。月々の返済金額を高くしすぎて返済できなくなってしまうと本末転倒です。早く返済できれば利息も抑えられるのですが、やはり無理せずに返済できるような計画を立てることのほうが重要です。

オリックスクレジットでは、さまざまなローン商品を展開しています。その中でもVIPローンカードは、年率も低く、融資額が高いのが特徴で、ハイクラスなサービスが充実しています。

また、借り入れも返済もインターネットで行う人にはVIPカードローンよりも利率が低いカードレスVIPというローンもあります。カードレスVIPでは、証券会社の口座に資金を移動したり、大口の資金をスピーディーに入出金することができます。

その他にも20代の人向けのカードであるVIP Ys CARDや、働く女性向けのカードであるVIP Lyrα CARD、複数の借入先をまとめるフリーローンなどがあります。カードローンの中でもハイクオリティーなのが特徴ですので、1枚持っていると便利なサービスが充実しています。
ワンランク上のカードローンをお探しの方は、申し込んでみる価値が十分あるでしょう。

パートでもカードローン契約をしてお金を借りたい方はこちら!

年収300万円で借りれる限度額

消費者金融や銀行のカードローンに申し込む場合、「自分の限度額」について知っておくことが重要です。

融資後の返済に困らないようにするのはもちろんですが、法律の規制によって、一定額以上の融資が禁止されていることもあるからです。

ここでは、年収300万円の方がいくらまで融資が可能なのか、という点について説明したいと思います。


■貸金業法の規制について

金融機関を規制する法律に「貸金業法」というものがあります。

貸金業法は、消費者金融や信販会社、クレジット会社などを規制する法律で、2006年6月18日に大幅な法改正がされているものです。

2006年の法改正で加わった規制の1つに「総量規制」というものがあり、これによって、融資限度額が制限を受けています。

総量規制では、「年収の3分の1を超える融資」が原則として禁止されていますので、年収300万円の方が借りれるのは、必然的に「100万円まで」ということになります。


■銀行カードローンの限度額

総量規制は、信販会社や消費者金融を規制する法律ですが、「銀行」を規制するものではありません。

そのため、銀行は、それぞれ独自の審査基準で限度額を決めますので、外部からは、確認することができません。

しかし、たとえば、バンクイックなら、専業主婦の融資は「30万円が限度額」、学生は「10万円まで」と決められていますので、ある程度の推測はできるかも知れません。


■自分の限度額は返済シミュレーションで確認!

金融機関の審査での限度額は、実際に審査を受けてみないと分からない部分も多くなります。

しかし、それ以上に重要なのは、「自分がいくらまでなら返済できるのか?」を知ることで、自分自身の限度額を知ることが重要です。

たとえば、毎月3万円ずつ返済することができ、2年かけて分割返済するなら「約60万円」が限度額になります。

このような計算は、消費者金融や銀行のサイトにある「返済シミュレーション」で確認できますので、事前に調べるようにしてください。